■応募 メール宛先  ecodpack@gmail.com



軟骨に多い型コラーゲン

膝が痛くなって病院に行ったら、「膝の軟骨がすり減っていますね」と言われた。そう言われた経験のある人は多いのではない
でしょうか。 体重が重かったり、激しいスポーツをしたり、怪我をしたりすると膝に負担がかかり、軟骨がすり減ってしまって痛
みが出てくるのです。これを変形性膝関節症と呼びますが、前回の「コラーゲンの真実は」でも紹介したとおり、コラーゲンを摂
ることで変形性膝関節症の改善が見られたという報告があります。しかし、さらに効果を高めることができるかもしれません。

一般的にコラーゲンと言う場合、それは型コラーゲンです。コラーゲンにはいくつかの種類があるのです。
現在、コラーゲンは30種類ほどが確認されていますが、そのほとんどが型か型、型です。関節でいうと型は皮膚の
ほかに腱や靭帯、硬骨。型は軟骨や目の硝子体に存在し、型は皮膚や血管壁に存在します。
そのため、軟骨のケガの場合は型コラーゲンを摂取することが必要となります。軟骨のうち、実に15~20%型コラーゲン
で、他の大部分は水分となります。

型コラーゲンで腱と靭帯、型コラーゲンで軟骨の材料を摂取すれば、結合組織を全体的にサポートしていくことが可能と
なります。

また「コラーゲンの真実は」で解説したとおり、細胞外マトリックスは主にコラーゲンを構成物質としますが、それ以外に「ヒアル
ロン酸」や「プロテオグリカン」を必要とします。このとき、ヒアルロン酸を木の幹に例えると、木の枝はプロテオグリカンと呼ば
れるものからつくられます。ヒアルロン酸とプロテオグリカンを合わせて「グリコサミノグリカン(GAG)」と呼びます。

このGAGも肌を綺麗にしたり、強い関節をつくったりするのに必要となってきます。「型コラーゲンと型コラーゲン、そして
GAG」。この三つが強い筋肉と骨、関節を手に入れるのに必要となってきます。



コラーゲンの真実

私たちの身体は36兆個もの細胞から作られています。そして細胞の外には細胞どうしをくっつける接着剤のような物質
が存在し、それを「細胞外マトリックス(ECM)」と呼びます。

そしてECMの主成分、それがコラーゲンです。

コラーゲンは主にグリシンやプロリン、ヒドロキシプロリン、アルギニンなどのアミノ酸から構成されるタンパク質です。
つまり体内でつくることができます。

しかし、それだけでは足りません。加齢によって体内で合成できるコラーゲンはだんだん減っていくのです。

そこで外部からコラーゲンを摂ることに意味が出てきます。ひと昔前までは、コラーゲンを摂ってもアミノ酸に分解されて
しまうため、意味が無いと思われていました。

しかし実際にコラーゲンを摂ることによって、変形性膝関節症の改善がみられたり、肌のバリア機能や保湿機能を高めたり、
実際に肌のコラーゲンが増えたりといった作用が報告されています。(※1, ※2, ※3, ※4, ※5

理論的にはコラーゲンがペプチド状態で血中に入り、それを受けて「コラーゲンの分解が起こっている」と身体が判断し、
線維芽細胞を活性化してコラーゲン合成を活発にするのではないかというメカニズムが考えられます。

またコラーゲンは筋肉や筋力を高める可能性もあります。高齢者がトレーニングを行いつつ、15gのコラーゲンペプチドを
摂取したところ、除脂肪体重や筋肉量、筋力に顕著な改善を認めています。(※6

コラーゲン由来のジペプチドである「ヒドロキシプロリン+グリシン」が、筋芽細胞の分化や筋管の肥大を促すという研究
※7)もありますので、コラーゲンの筋発達効果は充分に考えられるところです。

※1 Role of collagen hydrolysate in bone and joint disease.

Semin Arthritis Rheum. 2000 Oct;30(2):87-99.

※2Nutraceuticals as therapeutic agents in osteoarthritis. The role of glucosamine, chondroitin sulfate, and collagen hydrolysate.

Rheum Dis Clin North Am. 1999 May;25(2):379-95.

※3Oral collagen-derived dipeptides, prolyl-hydroxyproline and hydroxyprolyl-glycine, ameliorate skin barrier dysfunction and alter gene expression profiles in the skin.

Biochem Biophys Res Commun. 2015 Jan 9;456(2):626-30. doi: 10.1016/j.bbrc.2014.12.006. Epub 2014 Dec 8.

※4Oral supplementation of specific collagen peptides has beneficial effects on human skin physiology: a double-blind, placebo-controlled study.

Skin Pharmacol Physiol. 2014;27(1):47-55. doi: 10.1159/000351376. Epub 2013 Aug 14.

※5Collagen hydrolysate intake increases skin collagen expression and suppresses matrix metalloproteinase 2 activity.

J Med Food. 2011 Jun;14(6):618-24. doi: 10.1089/jmf.2010.0085. Epub 2011 Apr 11.

※6Collagen peptide supplementation in combination with resistance training improves body composition and increases muscle strength in elderly sarcopenic men: a randomised controlled trial.

Br J Nutr. 2015 Oct 28;114(8):1237-45. doi: 10.1017/S0007114515002810. Epub 2015 Sep 10.

※7The collagen derived dipeptide hydroxyprolyl-glycine promotes C2C12 myoblast differentiation and myotube hypertrophy.

Biochem Biophys Res Commun. 2016 Sep 23;478(3):1292-7. doi: 10.1016/j.bbrc.2016.08.114. Epub 2016 Aug 21.

筋肉への栄養はいつものホエイプロテインで!
 筋骨格への栄養はⅠ型、Ⅱ型のコラーゲンの 筋骨珈琲 をお試し下さい。

ボディビルダーの全米大会で優勝し、メジャーリーガーをはじめ、
数多くの有名アスリートを指導した経験もある
筋肉博士こと山本義徳氏も絶賛!


筋骨珈琲 12月6日以後、限定出荷を随時開始します!
初回生産につき、お待たせしています。ご了承お願い申し上げます。  (株)エコデパック


筋骨珈琲 TOP