東日本大震災時に、寒い中、家族のペットと一緒に避難所に入れず
車中泊をしたと報じられ、
あれから全国での災害も続き、食品開発会社として
飼い主の方の命を最優先として人間用として食品衛生法基準で安全な
非常時持ち出し用の防災保存食を
開発してきましたが、
人と全く同じレベルのペットフードが、ヒューマングレードで完成しました。
只今、発売に向けて準備をしています
もう少しお待ちくださいませ。      
2019年 1月   株式会社 エコデパック  代表  重岡



いつ来るかわからない、大地震。津波。
毎年被害が拡大多発している
大雪、寒冷、酷暑、台風、大雨、水害、地滑り、土石流、突風竜巻、火山の噴火
・・・
熊本大分地震の時のように、
時間ごとに発生した道路陥没・・・

流通が麻痺すれば食糧は届かなくなります。
避難所の水も食糧も不足します。
非常時持ち出し用
ハンディタイプの
サバイバルペットフードの必要性!

わずかな食糧が命をつなぎます。
袋をもみほぐして
必要量食べられる時に与えてください。
(開封後は保存はできません。)
災害時のストレス対策!
旺盛な食欲が出るフードで元気が出ます。

TOP